読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全国の恋人たち(7) 野球場にいる恋人たち

もともとは地方の観光地の土産物屋でたたずんでいる存在だったはずだが、どこかで時空が歪んでこういう恋人が生まれる。

どあらの恋人

f:id:terrortwilight:20151212173442j:plain

中日のあいつが大フィーチャーされている。ただでさえ白い恋人の影響下にあるのに、さらにどあらときて、人のふんどしで相撲を取る感がさらに増すのだが、よーく見ると

f:id:terrortwilight:20150925183415j:plain

中日ドラゴンズのコピーライト表示が入っている。

f:id:terrortwilight:20151213153434j:plain

箱の横にも中日球団承認とある。

f:id:terrortwilight:20151213151246j:plain

長登屋系の中でも、JR西日本と組んだ大阪環状線の恋人とかと同じく、企業コラボしたものだ。それにしても、中日には仁義を切るが、石屋製菓には仁義を切ってなるものかという、静かだが力強い自己主張を感じる。

f:id:terrortwilight:20150925183520j:plain

個包装にはちゃんとどあらの恋人と書かれていて、妙なやる気を感じる。

f:id:terrortwilight:20150925184530j:plain

f:id:terrortwilight:20150925185749j:plain

味はプレーンな王道の長登屋系。

ベルの恋人

f:id:terrortwilight:20160111125829j:plain

まずベルって何だっけ…?というところからはじまる。

f:id:terrortwilight:20160110205025j:plain

よーく見ると、オリックスバファローズのコピーライトが入っている。ベルの正式名称(?)はバファローベルオリックスバファローズのマスコットを、兄のバファローブルとともに務めている。愛嬌たっぷりの優しい妹らしい

プロ野球という文脈を超えてメジャー級ゆるキャラの座をキープしていたどあらに比べると、知名度が劣るのは否めない。それを考慮したのかはわからないが、

f:id:terrortwilight:20160111125745j:plain

グローブとバットとボールが描かれていて、自分のルーツは野球にあることを強調している。地方PRのお役所ゆるキャラとは違うのだというアピールだ。

f:id:terrortwilight:20160110205327j:plain

販売者はカタカナのナガトヤ。長登屋は大阪と東京のみ社名がカタカナになっている。謎だが、あまり深く考えないことにする(たいがいこういうのは意外とささいなどうでもいい理由のことが多かったりするので)。また、ここにはバファローズ承認シールが貼ってある。「※ストロベリーパウダーは全重量の0.45%を使用しております。」という注意書きもある。そういえば、ストロベリーラングドシャって書いてあった。ただ、全重量の0.45%使用とあっても、それが「意外と多めに入れました!」なのか「期待よりも少なめです、すみません」なのかがさっぱりわからない。

f:id:terrortwilight:20160110205702j:plain

f:id:terrortwilight:20160110205740j:plain

このあたりは長登屋系の王道。どあらは違ったのに、こちらの個包装のデザインはどストレートな長登屋系だ。

f:id:terrortwilight:20160110205938j:plain

赤い。ほんのりストロベリー味が甘ったるくもなくていいと思う。

そして、さらにこの路線を追求していくとこうなる。

カープの鯉人

f:id:terrortwilight:20160131124519j:plain

広島東洋カープのキャラクター、カープ坊やがフィーチャーされている。もうここには恋人はおらず、「鯉人」しかいない。なので厳密にいえばここで取り上げるべきものではないのだが、あえて入れてみた。やはり半魚人的な何かなのだろうか?

カープ坊やカープのロゴが目立つが、この右上と左上の鯉のあしらいがいい。また、よく見ると背景に目とうろこがあり、全体で鯉のぼりを思わせるデザインになっているところが面白い。長登屋コラボ系のなかでは、出色のデザインではないか?カープにはもうひとり、スラィリーというキャラがいるはずなのだが、カープ坊やで正解だった。ネーミングも、カープ坊やの恋人って想像できない!というところから「鯉人」になったのかもしれない。スラィリーだったら「恋人」になっていたはずだ。

カープのコピーライトは側面に貼られたシールにあった。

f:id:terrortwilight:20160204233437j:plain

中日もオリックスも前面にあったけど、ないほうがすっきりしてていい。

f:id:terrortwilight:20160131124809j:plain

はいはいこれも販売者は長登屋ねーってスルーしようとすると、まさかの長崎屋だったりするので気を抜けない。長崎屋?といえばサンバードのイメージだけど、広島に別のがあるのか。

創業明治25年って、わりと老舗だな…

f:id:terrortwilight:20160131124714j:plain

裏面の問い合わせの電話番号をチェックすると、ほかの長登屋と同じ番号だったりする。実質長登屋が作って、広島の土産物の販路を持つ長崎屋に売ってもらってるのだろうか?

f:id:terrortwilight:20160131124932j:plain

赤い!カープカラー!長登屋統一フォーマットじゃないし、ここもがんばってる!

f:id:terrortwilight:20160131125058j:plain

f:id:terrortwilight:20160131125444j:plain

肝心の味は普通の長登屋テイスト…。

 

全国の恋人たち(6) 大阪にまだいた恋人たち

大阪のくくりには入れなかったものを補足。恋人の聖地というのがいつの間にか全国にたくさん存在しているのは最近知ったが(2016年1月15日現在138あった)、それでもなお、大阪こそが恋人の聖地であると言い切れる。

大阪環状線の恋人

f:id:terrortwilight:20150926185555j:plainブームが一巡した後で生まれた恋人がいた。パッケージは長登屋系なのだが、これのミソはここにある。

f:id:terrortwilight:20151025202554j:plain

JR西日本の許諾を取っているということだ。実際、JR西日本のプレスリリースもある。

JRの許諾を取っただけで、もちろん石屋製菓の許諾を取っているという記述はない。

f:id:terrortwilight:20150925180027j:plain

やはり長登屋。

f:id:terrortwilight:20150925180305j:plain

f:id:terrortwilight:20150925200244j:plain

味はホワイトチョコなので、他の長登屋系と変わらず。ただ、この大阪環状線の恋人が好評だったのか、JR西日本は再び悪のりに手を貸す。

黄色い恋人

f:id:terrortwilight:20150925195931j:plain

それがこれだ。ドクターイエローなので、もはや郷土色は失せている。

f:id:terrortwilight:20150925195955j:plain

許諾済。

f:id:terrortwilight:20150925200159j:plain

f:id:terrortwilight:20150925200244j:plain

長登屋なのでほぼフォーマット通りだが、黄色い恋人だから、中のチョコはレモンチョコ味。ほんのりした酸味がいい。ホワイトチョコばかりだと食傷気味なので…。

ちなみに販売元は長登屋なのだが、

f:id:terrortwilight:20150925200025j:plain

上の方に「企画元 株式会社 立誠社」とある。この立誠社(http://www.risseisha.co.jp)、大阪に本社のある会社で、ここがやっているオンラインショップは

鉄道グッズを売っている。長登屋、立誠社、JR西日本と出会うべくして出会った3社のコラボだ。相変わらず石屋製菓の名はないが。ドクターイエローJR東海のイメージあったけど、西日本所属のものらしい。

JR西日本博多総合車両所に所属し、T5編成と呼ばれる。2005年3月上旬にそれぞれのメーカーから陸上および海上輸送により博多総合車両所に運ばれた。
(中略)
総合車両所所属でありながら普段は東京に常駐しているため、保守を容易にするため台車もT4編成と同一にしてある。また、定期検査はJR東海に委託し、交番検査が東京交番検査車両所、台車検査・全般検査が浜松工場の施行となっている

ドクターイエロー - Wikipedia

うまい棒の恋人

f:id:terrortwilight:20150925164523j:plain

さらにいろいろコラボを進めるとこういう謎の代物が生まれる。なんというかすごくハイコンテクストというか、いろいろな要素が詰まりすぎていてわかりづらい?

白い恋人

面白い恋人

大阪の恋人をはじめとする全国各地の恋人

ラングドシャクッキーじゃなくて、うまい棒で作るのはどうか?

うまい棒の恋人」にすると地名と結びつかないからお土産にはしにくいな…

関西圏で売ってるものをひとつにまとめて関西限定にすればええんや!

のような流れが容易に想像できる。

f:id:terrortwilight:20150925164749j:plain

側面には「©やおきん」の文字がある。うまい棒の本家やおきんには許諾を得ているようだ。そこはちゃんとしてるんだ?だったら最初から「©石屋製菓」入れとけよ!と思うがいまさらそれはできないのだろうか?

f:id:terrortwilight:20150925165240j:plain

中身はラングドシャクッキーではなく、完全なうまい棒。それぞれ

f:id:terrortwilight:20150925165509j:plain

大阪の恋人に、

f:id:terrortwilight:20150925165833j:plain

(神戸)元町の恋人、

f:id:terrortwilight:20150925165955j:plain

奈良の恋人、

f:id:terrortwilight:20150925170310j:plain

和歌山の恋人、

f:id:terrortwilight:20150925170508j:plain

京都の恋人

f:id:terrortwilight:20150925165659j:plain

(恋人ではないが)琵琶湖の初恋の6種類が入っていた。それぞれすでにラングドシャクッキータイプで販売されていたものだ。中身を取り出して、あれ京都が多いな…と思っていたら

f:id:terrortwilight:20150925172022j:plain

どうやらランダムに入っているとのこと(全部で18本)。カウントしてみると

  • 和歌山の恋人 2
  • 大阪の恋人 3
  • 元町の恋人 4
  • 奈良の恋人 3
  • 琵琶湖の初恋 2
  • 京都の恋人 4

という結果となった。ランダムとはいえ、関西圏における観光地のパワーバランスを完璧に保っている。いつもこの割合で入っており、滋賀や和歌山への遠慮からあえてランダムですよと言い訳をしているように邪推してしまう。

f:id:terrortwilight:20150925170731j:plain

味はシュガーラスク味。うまい棒はしょっぱいイメージのほうが強いのだが、恋人の名をつけるなら、甘くないと許さん!ということなのか?大阪にあわせてタコ焼き味とかという手もあるわけで。もはやどこにどうこだわりがあるのかが、外部からはうかがい知ることができない…。で、この味は、やおきんが出しているうまい棒シュガーラスク味と同じものと思われる。甘さが絶妙で、そこはかとない穀物の塩気を感じる。やおきんグッジョブ。

f:id:terrortwilight:20150925170744j:plain

うまい棒のほかの味と違って、大きな穴が空いてない。これはやおきんのシュガーラスク味と同じ仕様だ。

うまい棒シュガーラスク味に穴が開いていない意外な理由│カロリーはどれくらい? | うのたろう小説ブログくろおと

 

 

 

全国の恋人たち(5) 関西にいる恋人たち

面白い恋人が起こした恋人ブームは、大阪だけでなく関西全体で盛り上がっていた。

f:id:terrortwilight:20160104001955j:plain

たぶん大阪勢とともに初期メンだったと思われる京都の恋人。ホワイトチョコではなく、抹茶チョコを使うことで大阪の恋人や通天閣の恋人から離れようとしている。京都だから抹茶、とかベタだが、全国いっぱい作るのなら最低このぐらい差をつけてよとは思う。といっても、全国の恋人たちを追い求めているこちらが単純に味に飽きているだけなのだが。

f:id:terrortwilight:20160111214933j:plain

販売者もちゃんと長登屋。正統派、ということばが浮かんできたが、あくまでも長登屋系で正統なだけで、本家は北海道にいるのをちょいちょい忘れてしまう。

f:id:terrortwilight:20160103231816j:plain

味は違うのだが、個包装は長登屋系フォーマットを外していない。

f:id:terrortwilight:20160103232102j:plain

f:id:terrortwilight:20160103232202j:plain

抹茶チョコで緑色。食べると…抹茶テイストがあんまり感じられないんだよな…。チョコが挟んであるのは分かるのだけれど。

奈良の恋人

f:id:terrortwilight:20160104001900j:plain

奈良→飛鳥時代→冠位十二階→紫みたいな連想が浮かんできていい感じだ。

f:id:terrortwilight:20160103231235j:plain

長登屋フォーマットに忠実だが、販売者は長登屋でなく、有限会社シーズマインドになっている。

f:id:terrortwilight:20160103223215j:plain

クッキーのなかの黒い点はチョコレート。ラングドシャクッキーの間に入っているのがホワイトチョコではなく普通のチョコなので、隙間から見えている。

f:id:terrortwilight:20160104003824j:plain

隙間は黒い。ホワイトチョコよりも若干ビターな味わいだ。

白浜の恋人

f:id:terrortwilight:20150925204555j:plain

f:id:terrortwilight:20150925204724j:plain

f:id:terrortwilight:20150925204808j:plain

と、ここまで完全な長登屋フォーマットだが、

f:id:terrortwilight:20150925204626j:plain

販売者は紀伊観光物産になっている。長登屋との関係は不明。

f:id:terrortwilight:20150925204815j:plain

チョコはちょっと少なめだ。すべてがそうではなく、たまたまこれが少ないだけ。

南紀白浜パンダの恋人

f:id:terrortwilight:20150926185817j:plain

白浜の恋人は別に存在するが、パンダの恋人は別にある。これがよくわからないのは、

f:id:terrortwilight:20151026002710j:plain

販売者が紀伊観光物産になっていること。紀伊観光物産?白浜の恋人と同じところだ。同じ会社で微妙にアレンジしたものを2つ並行して売ってる。パンダのほうがあるのに、あえて白浜の恋人も出してるのは謎。

f:id:terrortwilight:20150925194829j:plain

f:id:terrortwilight:20150925194848j:plain

f:id:terrortwilight:20150925194922j:plain

薄いアーモンドとチョコで表面がコーティングされている。

f:id:terrortwilight:20150925194930j:plain

ほかのものにもせめてこのぐらいアレンジがほしい…。

天橋立の恋人たち

f:id:terrortwilight:20160103232851j:plain

ロゴのリボンや、中央に写真を使うところなど、若干本家のデザインのインスパイア系か。ここで驚きなのは、恋人「たち」と複数形になっているところだ。われわれはまだ見ぬ美しい恋人に出会うため全国を旅していたと思っていたが、こうしてカップルで目の前に現れるとちょっと面食らってしまう。股からのぞいているのが彼氏、棒立ちなのが彼女か。ほかの恋人がビニールでコーティングしているのにくらべ、彼らは紙包装なのも新鮮だ。右下には小さく

f:id:terrortwilight:20160103232916j:plain

なんて書かれている。エクスキューズする必要があるのかわからない。お菓子そのものの写真ではないし、天橋立の形をしたお菓子ではないですよ、ということか?

f:id:terrortwilight:20160103233158j:plain

京都の恋人は長登屋だったが、これは有限会社 鹿野物産というところ。全体的に長登屋系からは遠いが、この販売者シールは長登屋系と共通なフォーマット。紙包装をはがすと

f:id:terrortwilight:20160103233854j:plain

なんにも印刷されてないのっぺらぼう。なかを見ると

f:id:terrortwilight:20160103233945j:plain

ちゃんと例の2人がスタンバっている。

f:id:terrortwilight:20160103234211j:plain

ラングドシャクッキーにチョコがはみ出ている。白い恋人はチョコが溶けずに形を保ちながらはみ出していたが、これは漏れ出ている感じ。

f:id:terrortwilight:20160103234218j:plain

味、大きさともに長登屋系ではあるのだが…。
長登屋系でありながらそうでないところが気になって、箱を裏返したところに書いてある連絡先を見てみた。ついでに奈良と京都も。

f:id:terrortwilight:20160103233734j:plain

天橋立はほかの2つと連絡先が違っていた。ただ、販売者が長登屋ではない奈良も京都と電話番号が同じだったな。ほかの地域も後で見てみよう。

浜辺の恋人

f:id:terrortwilight:20160503151611j:plain

浜辺の恋人は、紀州に住んでいる誰かのことではなく、浜辺に咲いているはまゆうのことであるらしい。
はまゆうは紀伊半島の南岸に自生していて、和歌山でも新宮市、太地町、すさみ町で市の花や町の花になっている。かつて紀州を走っていた列車の愛称だったり、もっと遡れば柿本人麻呂万葉集で「み熊野の 浦の浜木綿 百重なす 心は思へど直に逢はぬかも」とか詠んでたりと、紀州となじみが深い花だ。

f:id:terrortwilight:20160503151958j:plain

販売者はきたの。和歌山の会社。地元のための地元の企業といった感じ。紙の包装をはがすと

f:id:terrortwilight:20160503152359j:plain

真っ白の箱が現れる。ただ真っ白なだけじゃなくて、

f:id:terrortwilight:20160503152429j:plain

 60という数字があるのが謎。

f:id:terrortwilight:20160503152558j:plain

箱の中身は全体がパックに包まれている。

f:id:terrortwilight:20160503195622j:plain

f:id:terrortwilight:20160503152723j:plain

中身はラングドシャクッキーではなく、まさかのウエハース。

f:id:terrortwilight:20160503152744j:plain

気取りは無用な、おばあちゃんが常備しているおやつのような味わいだ。

 

terrortwilight.hatenablog.com

全国の恋人たち(4) 北海道にいる恋人たち

面白い恋人をめぐる吉本興業石屋製菓の争いの和解条件のひとつに、面白い恋人は関西圏でしか販売しないというのがあった。白い恋人は (全国デパートの物産展を除けば)基本北海道だけで売っているから、住み分けされているということだ。しかし、あくまでもシャレの発想から生まれた面白い恋人と違い、最初から100%商売の発想で生まれた白くない恋人が、北海道でも売られていたりする。

私の恋人

f:id:terrortwilight:20150926185128j:plain

まずは私の恋人。わざわざ北海道限定とうたってるところがチャレンジング。全国にライバルの恋人がたくさんいる時代はもっとチャレンジングだった。

「私の恋人」(北海道土産) | 作業日報

f:id:terrortwilight:20151102010830j:plain

製造者は北見鈴木製菓というところ。石屋製菓は札幌だから、ちょっと距離がある。だけどこれを買ったのは札幌駅すぐそばにある札幌ら〜めん共和国だったので、あまり関係がない。

f:id:terrortwilight:20150925153139j:plain

個包装は長登屋系と違い、本家と似てる印象。本家はどうなっているかというと、

f:id:terrortwilight:20140606232517j:plain

こうですな。ロマンチック路線というか。

f:id:terrortwilight:20150925153438j:plain

f:id:terrortwilight:20150925153431j:plain

長登屋系よりも大きい。本家よりもクッキーが厚いかな?

f:id:terrortwilight:20151003115924j:plain

手造りアピール。こういう商品が手造りであってもあまり評価ポイントにつながらない気もするのだが…。うちは大手と違って手造りです!ということか。

黒い恋人

f:id:terrortwilight:20150925160014j:plain

すでに「白い恋人 ブラック」というのが本家の石屋製菓から出ているのだが(中のチョコレートが黒い)、白なのか黒なのか、曖昧にやり過ごそうとする石屋製菓のやり方に反旗を翻したのが、黒い恋人だ。同じ道民として許せないものがあったのかもしれない。たぶん白いブラックサンダーにも同様の怒りを覚えているかもしれない。

f:id:terrortwilight:20150925160606j:plain

販売者は札幌グルメフーズ。ここはほかにジンギスカンキャラメルを出している。そのあたりのことはここが詳しい。

news.mynavi.jp

詳しいどころか、黒い恋人の開発秘話まで書いてある。白い恋人を香港で売ることができなかったため、似たような商品がないかと聞かれた札幌グルメフーズが、「黒い恋人」という黒豆を売っていたJAあさひかわと組んで、黒豆を使った白い恋人似の商品を生み出したということらしい。

f:id:terrortwilight:20150925161626j:plain

f:id:terrortwilight:20150925161909j:plain

中はラングドシャクッキーではなく、とうきびチョコ。とうきびチョコはとうもろこしのポン菓子をチョコでコーティングしたもので、ほかのメーカーで出しているもののほうが有名。味は、黒豆なのか若干甘さ控えめのチョコがうまい。

 

terrortwilight.hatenablog.com

全国の恋人たち(3) 関東にいる恋人たち

東京の恋人

f:id:terrortwilight:20150925154614j:plain

お台場にある大江戸温泉物語で購入したため、寄席文字大江戸温泉物語のシールが貼ってあった。プリン味。

f:id:terrortwilight:20150925155416j:plain

箱の中は長登屋系。味が変わっても不変。

f:id:terrortwilight:20150925155531j:plain

ここも同じ。

f:id:terrortwilight:20150925155558j:plain

挟まっているチョコが若干プリン色?味は…言われてみればカスタードっぽい…?誤差で収まりそうな範囲だ。

千葉の恋人

f:id:terrortwilight:20150925202353j:plain

基本に忠実な長登屋系。千葉は飛行機に海ほたるに菜の花か。シンデレラ城とかしれっと入れといてもいいような気がする。

f:id:terrortwilight:20150925202427j:plain

f:id:terrortwilight:20150925202606j:plain

f:id:terrortwilight:20150925202703j:plain

このへんも言葉が出てこないほどド定番。

日光の恋人

f:id:terrortwilight:20150228025839j:plain

これも長登屋系の定番。

f:id:terrortwilight:20150228030148j:plain

f:id:terrortwilight:20150228030247j:plain

このへんもまったく定番通りなのだが、日光の恋人には別バージョンが存在する。

日光の恋人 生クリームキャラメル

f:id:terrortwilight:20150228025940j:plain

脈絡なく生キャラメルが登場。

f:id:terrortwilight:20150228031020j:plain

これも販売者は長登屋。

f:id:terrortwilight:20150228031230j:plain

f:id:terrortwilight:20150228031355j:plain

なぜ日光で生キャラメル?日光はお菓子の競争が激しいからあえて生キャラメルを投入してる、とかなら分かるんだけど、別に日光は競争激しくなかったような?ラングドシャクッキーばかり食べてるとキャラメルがものすごくうまいような錯覚に陥る。普通の味だけど。

茨城の恋人

f:id:terrortwilight:20151028010543j:plain

これも長登屋系。大阪の恋人はめっちゃ好きやねん、東京の恋人はあなたが好きだからだけど、千葉の恋人や日光の恋人はI♥IBARAKIとかになっている。方言に特徴がないところはアイラブ〜にしてるということか。印籠と三つ葉葵の紋しか書かれていない無機質な感じで押し通すところもすごい。

f:id:terrortwilight:20151028010907j:plain

f:id:terrortwilight:20151028011129j:plain

愚直なまでのストレートな長登屋系。

二次元の恋人

f:id:terrortwilight:20150228023339j:plain

秋葉原にて購入。ロゴやリボンの処理、ハート型の窓などは本家に近い。

f:id:terrortwilight:20150228023439j:plain

秋葉原の街並みも手を加えてある。そのまま使ってるわけじゃない。90年代までの秋葉原感が漂う。

f:id:terrortwilight:20150228031123j:plain

たぶんこの娘にも設定があったりするんだろうけど、特に書いてなかった。

f:id:terrortwilight:20150228023532j:plain

f:id:terrortwilight:20150228023609j:plain

こちらはショコラパイ。パイをチョコでコーティング。独自性を保とうとしているのはわかるけど、コンビニで買えるお菓子の味を思わせる。

 

草津の恋人

f:id:terrortwilight:20160507142213j:plain

日光なんかに負けません!という意気込みはあまり感じられないストレートな長登屋系。

f:id:terrortwilight:20160507142256j:plain

わりと写実的にちゃんと書いてあるのが面白い。日光より勝っているのは、この湯畑とか湯もみのイラストが単色ではなくて4色カラーなところぐらいか。

f:id:terrortwilight:20160518004526j:plain

ここもいいな。一瞬ミシュランマンがお湯につかってるとこなのかと思ったが(もしくは小便小僧的な何か)、これは単なる湯気なのか…。

f:id:terrortwilight:20160506181347j:plain

群馬の会社ではなく、長野にある会社が販売していることになっている謎。

f:id:terrortwilight:20160503231216j:plain

f:id:terrortwilight:20160503231315j:plain

f:id:terrortwilight:20160503231407j:plain

味も含めこのへんは日光などとほぼ変わらない。おいしさの方向にも進化してないんだよな…。

 

terrortwilight.hatenablog.com

 

全国の恋人たち(2) まず長登屋のこと、大阪にいる恋人のこと

集めはじめてわかることなのだが、恋人系のお菓子の一大勢力となるのが長登屋になる。長登屋とは愛知県の会社で、全国15カ所に拠点を持ち、各地でお菓子のお土産を販売している。

Wikipediaによれば「各種キャラクターを扱った商品の開発にも力を入れており、特にサザエさんを使用した商品の販売は同社が独占している。著作権を保有する長谷川町子美術館と3年かけて交渉した末、契約を交わしたといわれている」という会社で、「名古屋のほか東日本を中心に全国各地にも長登屋またはナガトヤと称する会社があるが、それらは各地にあった事業所を法人化した子会社である」とのこと。

長登屋 - Wikipedia

日本全国に恋人を作っているという意味では、プレイボーイのような会社といえる。

東京プレイボーイクラブ [DVD]

東京プレイボーイクラブ [DVD]

 

f:id:terrortwilight:20150228025310j:plain

商品は全国バラバラだが、販売者はすべて長登屋(もしくはナガトヤ)。

追記(2016.3.26)長登屋についてはこちらにもう少し書いた。

大阪の恋人

f:id:terrortwilight:20140614154703j:plain

これが長登屋系のスタンダード。白地に青の文字、その土地の方言と名所のイラストが入っている。

f:id:terrortwilight:20140614154846j:plain

個包装はこうなっている。「大阪の」はなく、「KOIBITO」、「Langue do chat」の表記しかない。

f:id:terrortwilight:20140614154959j:plain

本家白い恋人よりも小ぶり。本家より若干しっとり感に欠ける。大きさを比較してみると、

f:id:terrortwilight:20151028011905j:plain

こんな感じだ。白い恋人はクッキーからはみださんかのようにチョコがあったけれど、長登屋系はチョコの量は控えめだ。

通天閣の恋人

f:id:terrortwilight:20140608160533j:plain

これも長登屋系。大阪の恋人と対になっている。さすがに大阪で2種類作っているので、これは中身のホワイトチョコがストロベリー味になっており、差異化を図っている。

f:id:terrortwilight:20140608160631j:plain

箱を開くと大阪の恋人と区別がつかない。「KOIBITO」、「Langue do chat」しか書いてないのは全国で使い回しているのであろうことがここで想像できる。

f:id:terrortwilight:20140608160831j:plain

ここも区別がつかない。しいて挙げれば、ストロベリー味のチョコレートが入っているので赤いところが透けて見えるぐらいか。

道頓堀の恋人

f:id:terrortwilight:20140531191039j:plain

これは長登屋系ではない。大阪のなかで必死に住み分けを図っている姿がいじらしい。

f:id:terrortwilight:20140531191133j:plain

味はみたらしチョコ味。面白い恋人もみたらしクリームが使われていた。「関西限定」も目立つようにしてあるのは、面白い恋人吉本興業との和解条件のなかに、「面白い恋人は関西圏だけで販売すること」という条件があったことも関係しているかもしれない。damasaretato omotte tabetemi!とアピール。

f:id:terrortwilight:20140531191854j:plain

個包装は箱のイメージを踏襲。

f:id:terrortwilight:20140531192118j:plain

小ぶりな丸形。ラングドシャクッキーは本家に近く、割とうまい。ただ、このみたらし味を許容できるかの問題。個人的にはみたらし味はそれほど好きではないので…面白い恋人もみたらし部分は許せない。

 

全国の恋人たち(1)白い恋人と面白い恋人

1976年、白い恋人から始まった歴史は、2010年に面白い恋人を生む。製菓業に何のこだわりもなかった吉本興業は、関西人のノリだけで何の悪気もなくそれを作り上げたが、日本のあちこちではもっとしたたかに恋人たちが作られていた。全国の恋人たちを眺めると、吉本興業がいい意味で最も何も考えていなかったように思え、本家の石屋製菓に訴えられたのは現時点で吉本興業のみだったという事実はとても皮肉に感じる。

ぼくの出会った全国の恋人たちについてまとめてみたい。

f:id:terrortwilight:20150228024756j:plain

 

f:id:terrortwilight:20140606232335j:plain

オリジナル。0系。

f:id:terrortwilight:20140606232555j:plain

北海道土産を選ぶときの安心感。

f:id:terrortwilight:20140606232948j:plain

ラングドシャクッキーからはみ出んばかりのホワイトチョコ。 おいしい。ラングドシャクッキーがパサパサしておらず、しっとり。

 

面白い恋人

f:id:terrortwilight:20140429152708j:plain

石屋製菓からのクレームを受け、外装デザインを変えた後のもの。

f:id:terrortwilight:20130504193744j:plain

こんな感じで売っていた。

f:id:terrortwilight:20140429153348j:plain

もはや、名前がちょっと似てるかな〜とかのレベル。全国に大量に発生している恋人たちは、ほぼ長登屋というところがからんでいるものなので、中身も白い恋人とほぼ同じホワイトチョコをラングドシャクッキーで挟んだものなのだが、面白い恋人はみたらしのクリームをゴーフレットで挟んでいる。

f:id:terrortwilight:20140429153916j:plain

白い恋人のように四角くなく、丸い。

挿入されているリーフレットは

f:id:terrortwilight:20140429153516j:plain

 ゴーフレットとみたらし、いずれも関西発祥であることに触れている。石屋製菓の激怒にかかわらず、(外身はまるパクリだが)中身は似せないでおこうという配慮がほんのり感じられる。

terrortwilight.hatenablog.com